Web医療と介護

〔薬価〕日病協が全品目対象の薬価の毎年改定に反対(12月16日)

日本病院団体協議会は12月16日の代表者会議で、全品目を対象とする薬価の毎年改定に反対することを改めて確認した。年1回以上改定する薬価は一部の高額薬剤などに限るべきとした。

個別の薬剤ごとに慎重な議論が不可欠

オプジーボを対象にした最適使用推進ガイドラインについても今後、使用を医療機関の体制等で制限する薬剤が増えることに懸念を示す意見があり、中医協で個別の薬剤ごとに慎重に議論することが不可欠とした。

来年度以降、療養病床の受け皿となる新たな施設類型の基準・面積などが社会保障審議会・介護給付費分科会で議論されることを踏まえ、病院団体の委員が、介護給付費分科会に加われるよう要望することを決めた。少なくとも「療養病床の在り方に関する特別部会」の病院団体の委員が、議論に参加できることを求めるとした。

Web医療と介護