Web医療と介護

「介護保険情報」誌でふりかえる介護保険の誕生(2) 創刊準備第2号 2000(平成12)年3月号

「介護保険情報」誌は、戦前からの「医療」「年金」、戦後の「労災」「雇用」につぐ5つ目の社会保険制度である介護保険制度のスタートにあわせて、社会保障「新世紀」の実務情報誌として創刊されました。
介護保険制度が始まる2000(平成12)年4月からの創刊に先立ち、「社会保険旬報」誌の増刊として発行された創刊準備号で、制度創設時の動向をふりかえります。

創刊準備第2号 2000(平成12)年3月 目次

1.特集(1)介護保険を育てる利用者の「声」
  ①解説:相談・苦情対応を通した制度の定着に向けて
  ②地域レポート:多様な窓口の確保に向けて
  ③座談会:利用者の「声」を生かすシステムづくりに向けて(橋本泰子/新美まり/上田春男/水谷和美)
  ④インタビュー:呆け老人をかかえる家族の会・東京都支部代表・笹村貞子氏/愛知県国民
2.特集(2)介護報酬が意味するもの
  ①解説:介護報酬決定までの経緯
  ②インタビュー:介護報酬をどう見るか
    厚生省介護保険制度施行準備室・神田祐二次長
    大阪府守口市・喜多洋三市長
    健康保険組合連合会・下村健副会長
    日本医師会・青柳俊常任理事
    全国老人福祉施設協議会・時田純副会長
    全国老人保健施設協会・山口昇会長
    介護療養型医療施設連絡協議会・加藤隆正会長
    日本看護協会・山崎摩耶常任理事
    株式会社シルバーホクソン・北村透代表取締役
    NPO法人たすけあいあさひ・柳原真理子副理事長
    国立医療・病院管理研究所医療経済研究部・小山秀夫部長
  ③解説:介護報酬と支給限度基準額
3.論評
  ①イギリスの介護システム(下)(日本大学教授・真屋尚生)
  ②家族による介護(ケアセンターやわらぎ事務局長・石川治江/埼玉県立大学短期学部教授・野川とも江)
4.連載
  ①クリップボード:鴻池荘在宅介護支援センター・下薗誠
  ②実務情報Q&A:WAMNET

介護報酬の創設

国民の期待に応えて介護保険制度のサービスを充実させていくうえで中心的な課題となったのは、介護報酬のあり方でした。

ここでは、「解説1 介護報酬決定までの経緯」、「解説2 介護報酬と支給限度基準額」および「月報」を再録しています。

【PDF】介護報酬が意味するもの(介護保険情報 創刊準備第2号(2000(平成12)年3月号)

 

(次回に続きます)

 

Web医療と介護