Web医療と介護

社会保険旬報「巻頭言」でたどる社会保障の課題【昭和編】(3) 昭和45年~54年(1970年~79年)

社会保険旬報」誌は、昭和16年の創刊以来、医療保険・診療報酬を中心とした社会保険の情報を医療関係者・保険者に提供し、国民がもとめる社会保障制度のあり方を、ともに考えてきました。

社会保険制度が、国民生活の基礎を支えるものとして充実が図られてきた「昭和」の時代、関係者はどのような課題を共有し、解決に取り組んできたのでしょうか。

前回に続き、昭和45(1970)年から54(1979)年までの社会保険旬報・新年号(1月1日号)の「巻頭言」と目次で、その軌跡をたどります。

一括ダウンロード » 【PDF】社会保険旬報「目次・巻頭言」 昭和45(1970)年-昭和54(1979)年

年表

年表では「:」は医療保険を中心とした社会保障の動向、「*」は診療報酬関連事項、「=」は社会情勢に関する事項を表しています。

昭和45年(1970年)
【PDF】昭和45(1970)年1月1日号

2月*診療報酬点数表を緊急是正(入院時基本診療料・深夜加算・再診時基本診療料・再診料・内科再診の引上げ、乙表検査の一部包括と甲表との同一点数化、麻酔・輸血の点数の甲乙一本化、入院時医学管理料の新設、医科8.77%・歯科9.73%引上げ)
3月=大阪万博開催/よど号ハイジャック事件
5月=水俣病患者家庭互助会とチッソが保障問題で妥結
7月*診療報酬点数表の医科について更に引上げ(0.97%)
8月*薬価基準改正(薬価3.0%・総医療費ベース1.3%の引下げ)
10月:農業者年金基金の設立
11月=三島由紀夫氏自決

昭和46年(1971年)
【PDF】昭和46(1971)年1月1日号

5月:児童手当法の公布
7月=環境庁発足
7月*日医が政府の医療保険政策に反対し被用者保険での診察を拒否(首相と日医会長が会談し、日医の改革案を了承、保険医辞退中止)
8月=ドルショック
11月:健保連が健保組合間の共同事業実施を決定
12月=1ドル360円の固定相場制終了(スミソニアン体制発足)

昭和47年(1972年)
【PDF】昭和47(1972)年1月1日号

2月*診療報酬点数表改正(内科再診料・処置料・理学療法料・手術料等の引上げ、投薬料・検査料の改定、慢性疾患指導料の新設、医科13.70%・歯科13.70%・調剤6.54%の引上げ)
2月*薬価基準改正(薬価3.9%・総医療費ベース1.7%の引下げ)
2月=横井庄一さん帰国/札幌で冬季オリンピック開催/浅間山荘事件
4月:自治医科大学の創設
5月=沖縄県発足
6月:厚生省社会局に「老人保健課」設置
6月:労働安全衛生法の公布
6月=日本列島改造論/ウォーターゲート事件
9月:1県1医大構想

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

Web医療と介護