Web医療と介護

社会保険旬報「巻頭言」でたどる社会保障の課題【平成編】(3) 平成3年(1991年)

社会保険旬報」誌は、昭和16年の創刊以来、医療保険・診療報酬を中心とした社会保険の情報を医療関係者・保険者に提供し、国民がもとめる社会保障制度のあり方を、ともに考えてきました。

国民皆保険のもと高度成長を成し遂げた「昭和」が去り行き、高齢化による社会保障の増大など新たな難題が押し寄せた「平成」の時代、関係者はどのような課題を共有し、解決に取り組んできたのでしょうか。

社会保険旬報の「巻頭言」と目次で、その軌跡をたどります。

保険・医療をめぐる動き

1月-3月

【PDF】社会保険旬報「目次・巻頭言」平成3(1991)年1月-3月

1月
○3年度の国民医療費は21兆7,200億円、対前年度比5.0%、1兆3,000億円の増加と推計

2月
○老人保健法改正案を国会へ提出(老人訪問看護制度創設、老人医療費一部負担引上げなど)

3月
○厚生省の「保健医療・福祉マンパワー対策本部」が中間報告
○2年度版厚生白書は「真の豊かさに向かっての社会システムの再構築」の副題で廃棄物処理対策説く
○2年度の「健康マップ」で老人1人当たり入院日数は22.3日
○看護職員の需給見通しを厚生省が見直し

4月-6月

【PDF】社会保険旬報「目次・巻頭言」平成3(1991)年4月-6月

4月
○学生への国民年金適用が始まる
○国民年金基金がスタート
○3年度国民負担率は38.7%(前年度比0.8%減)
○「国民医療危機突破全国病院大会」で診療報酬7.4%引上げを決議

5月
○5月12日を「看護の日」に
○経団連が「高齢化時代の福祉システム再構築」で年金65歳支給、医療給付率10%切下げを提言
○中医協が薬価算定方式を40年ぶりに改革、バルクラインやめ加重平均プラス一定価格幅15%

6月
○2年の人口動態統計で合計特殊出生率は1.53に低下、人口千対出生率も9.9と初めて1ケタに
○元年度の国民医療費は19兆7,290億円、前年度より5.2%増加。2年連続して国民所得の伸びの範囲内
○国民年金基金連合会が発足
○「日本の将来推計人口」で総人口は2010年がピーク(1億2,945万人)、高齢化率は2025年に25.4%と倍増し高原状態、老年人口は2020年がピーク
○脳死臨調が中間意見を報告、脳死段階の臓器移植を認める
○「福祉人材情報センター」が始動
○経済審議会の「2010年委員会」が長期展望を報告

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

Web医療と介護