Web医療と介護

五島 朋幸(ごとう・ともゆき)

見つける大作戦 ―嚥下機能の低下を早期に発見する―

最期まで食べられる街、そして最期まで食べられる国をつくっていくためには「食べられなくなった人を食べさせる」だけでは不十分だ。残念なことに高齢者が誤嚥性肺炎などで入院した場合、あっという間に食べられなくなってしまうケースが多い。いったん食べられなくなった人を、食べられるようにするのは至難の業だ。
このような人たちに、食べる喜びを取り戻してもらうために、私たちができることは何か?

ふれあい歯科ごとうの診療室。歯科診療所でも高齢者の体重測定は欠かせない。

食べられなくならないために

高齢者が口から食べられなくなる原因の一つは誤嚥性肺炎による入院です。

誤嚥性肺炎は飲み込み(嚥下)の機能低下だけで発症するものではなく、体力低下や口の中の不衛生などがリスクファクターとなります。それらのリスクファクターが増大する前にしっかり「見つけ」、改善できれば、食べられなくなくなるということが、予防できるのです。

「何を、誰が、どのような場面で見つければよいのか」について、ここで考えてみましょう。

何を「見つける」のか?

残念ながら高齢期になると、筋力の低下が生じます。

意外かもしれませんが、舌も筋肉であり機能が低下するということは重要なポイントです。通常、舌が筋肉であるという感覚は、私たちにはあまりないかもしれませんが、実はほぼ筋肉でできている組織であり、力だけでなく動きの巧みさも兼ね備えた精密器官なのです。舌の動きが悪くなると、噛んでいる時間が長くなります。

咀嚼(噛むこと)というと噛み砕くというイメージがありますが、その目的は「飲み込める形にすること」です。つまり、「硬いものを砕いて大きいものを小さくする」だけでなく、それらを「飲み込みやすくまとめる」という作業が必要です。このときに舌の巧みな動きが必須となります。逆に言うと、舌の動きが悪くなると、いつまでも口の中に食べ物をため込んだ状態になってしまいます。

次に、嚥下(飲み込み)が悪い方の典型的な症状に「むせ」があります。
皆さんも何かの拍子にむせることがあると思いますが、最近、むせが以前より増えたと感じていませんか? 実は加齢とともにむせは多くなるのですが、それ自体は、飲食物やつばなどを誤嚥しないように防御する反応ですから、悪いことではありません。
ただ、あまりにもそれが頻繁だと、疲労につながってしまいます。1回の食事に数回のむせは問題ありませんが、それ以上になってくると機能低下が進行していると考えられます。

咀嚼や嚥下の機能が低下してしまうと当然、食事量自体も低下します。それに比例して栄養状態も悪くなります。さらにむせることで、多くの体力を使ってしまいます。
その結果、体重減少が生じます。
毎日会っている方だとわかりにくいかもしれませんが、他人から「痩せましたね」と言われるほどの体重減少は重大なチェックポイントとなります。

これらのことから以下のようなチェックポイントを覚えておくとよいでしょう。

①3か月で3キロ以上の体重減少
②食事時間が以前より倍以上かかるようになる
③食事中何十回とむせる

以上3点に関して、一つでも該当するようでしたら、何らかの対策を考えなければならない時期に入っています。

次ページ » 誰が「見つける」のか?

  • 1
  • 2
五島朋幸
五島 朋幸(ごとう・ともゆき)
1965年広島生まれ。1991年日本歯科大学歯学部卒。1997年より訪問歯科診療に取り組み始める。2003年からふれあい歯科ごとう代表。現在に至る。

博士(歯学)。日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科臨床准教授、日本歯科大学東京短期大学歯科衛生士科講師、東京医科歯科大学非常勤講師ほか。新宿食支援研究会代表。

1997年よりラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」(全国15局で放送)パーソナリティーを務める。著書に、「口腔ケア○と×」(中央法規)、「愛は自転車に乗って 歯医者とスルメと情熱と」「訪問歯科ドクターごとう① 歯医者が家にやって来る!」(大隅書店)、「食べること生きること ~介護予防と口腔ケア~」(北隆館)(監修・著)、「誤嚥性肺炎予防のための口腔ケアと腸管免疫の重要性」(オーラルケア)など。
Web医療と介護