Web医療と介護

吉村仁さんの時代 「医療費亡国論」と昭和59年の医療保険改革 付

昭和59〈1984〉年の医療保険の大改革(健保改正)は、「医療費の増加の抑制」が正面から目的として掲げられ、被用者本人定率負担が導入されるなど、その後の医療保険改革の枠組みをつくったものともいわれています。
改革を厚生省保険局長として牽引した吉村仁氏(昭和5〈1930〉~61〈1986〉年)の、いわゆる「医療費亡国論」をはじめとした言説の今日的な意義を考えていくために、社会保険旬報のバックナンバーで当時をふりかえります。

 

付 医業問題研究会論文

医業問題研究会論文は、厚生省保険局の若手(複数)が匿名で執筆したもので、当時、大臣官房審議官などをつとめていた吉村氏が指導に当たったとされています。

1 乱診乱薬の経済学(上) №1233(52.11.11)P4~P6
2 乱診乱薬の経済学(下) №1234(52.11.21)P8~P12
3 病院経営の現状分析と将来展望-病院は果して生き残れるか №1263(53.9.11)P4~P10
4 公的黒字病院の経営分析(上) №1265(53.10.1)P4~P9
5 公的黒字病院の経営分析(下) №1266(53.10.11)P10~P13
6 医療経済実態調査を分析する(上) №1325(55.6.1)P25~P27
7 医療経済実態調査を分析する(下) №1326(55.6.11)P8~P10

 

吉村仁さんの時代
「医療費亡国論」と昭和59年の医療保険改革    全体構成

解題 「医療費亡国論」を提唱し
医療保険の大改革をなしとげた
吉村仁さんの時代

「社会保険旬報」前編集長  笹川浩一
社会保険旬報No.2687(平成29年9月11日号)
掲載 【一部補正】

 1 「医療費亡国論」の発表まで
【平成29年10月25日掲載】
 2 昭和59年改革をめぐる「攻防」
【屁に正29年11月1日掲載】
 3 医療提供体制の改革に向けて
【平成29年11月8日掲載】
足跡・論文・インタビュー 【平成29年9月11日掲載】
 健保改正前夜の動向
(昭和58年)
【平成29年9月19日掲載】
健保改正はこう行われた
(昭和59年)
【平成29年9月27日掲載】
健保改正をめぐる国会審議
(昭和58~59年)
 【平成29年10月4日掲載】
健保改正後の課題
(昭和59年~63年)
【平成29年10月11日掲載】
医業問題研究会論文
(昭和52~55年)
【平成29年11月16日掲載】

アナザーストーリー

幸田次官と国民医療総合対策本部
平成29年11月22日掲載

※平成29年11月25日:一部補正

Web医療と介護