Web医療と介護

障害福祉サービス等報酬案を公表――検討チームが改定概要示す(2月5日)

厚労省は2月5日、「平成30年度障害福祉サービス等報酬改定の概要(案)」を障害福祉サービス等改定検討チーム(主査:大沼瑞穂政務官)に示し、4月からの報酬(単位数表)案を公表した。

障害福祉サービス等改定検討チーム(2月5日)

改定率はプラス0.47パーセント。検討チームが12月に決定した「基本的な方向性」に沿い、医療的ケア児者への増加等の課題に対応した。一方、放課後デイサービス等で基本報酬を実質削減した。また、4月から始まる新サービスや「共生型」サービスの開始に対応した。

障害福祉サービス等報酬は、障害福祉サービス提供事業者の収入の柱となる。

看護職員の配置を評価

大沼政務官は、「今回の改定では障害者の重度化や高齢化、医療的ケアが必要な障害児への支援、精神障害者の地域移行といった多くの課題があった。改定率がプラス0.47%となり、それらに対して一定の対応を盛り込めたと考える」、「今後、4月からの円滑なサービス実施に向けて、省令の整備や周知等に努めていく」と述べた。

今回の改定の課題の一つである「医療的ケア」については、看護職員の配置を評価する等、専門職や手厚い人員体制に対する加算の創設や拡充で対応が行われた。(下表参照)

 医療的ケア児者に対する支援の充実
障害児向けサービス

  • 児童発達支援
  • 放課後等デイサービス
  • 福祉型障害児入所施設
  • 居宅訪問型児童発達支援
看護職員加配加算の創設
一定の基準を満たす医療的ケア児を受け入れるために看護職員を加配している場合に、新たな加算として評価する。
医療連携体制加算の拡充(通所支援のみ)
医療的ケア児の支援のため、外部の看護職員が事業所を訪問して障害児に対して長時間の支援を行った場合等について、新たに評価する。
居宅訪問型児童発達支援の創設【新サービス】
医療的ケア児等であって、障害児通所支援を利用するために外出することが著しく困難な障害児に対し、居宅を訪問して発達支援を行う。
送迎加算の拡充
送迎において喀痰吸引等の医療的ケアが必要な場合があることを踏まえ、手厚い人員配置体制で送迎を行う場合を評価する。
夜間対応・レスパイト等

  • 短期入所
福祉型強化短期入所サービス費の創設
医療的ケアが必要な障害児者の受入れを支援するため、短期入所の新たな報酬区分として「福祉型強化短期入所サービス費」を創設し、看護職員を常勤で1人以上配置すること等を評価する。
障害者向けサービス

  • 生活介護
常勤看護職員等配置加算の拡充
医療的ケア者を受け入れるために看護職員を2名以上配置している場合を評価する。
支援の総合調整

  • 計画相談支援
  • 障害児相談支援
要医療児者支援体制加算の創設
医療的ケアを必要とする児者等、より高い専門性が求められる利用者を支援する体制を有している場合を評価する。
医療・保育・教育機関等連携加算の創設
医療機関、保育機関等と必要な協議等を行った上で、サービス等利用計画を作成した場合に、新たな加算として評価する。

次ページ » 同一敷地内の送迎を減算

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

Web医療と介護