Web医療と介護

〔歯科〕初・再診料に院内感染防止対策の内容を追加等/【新刊】『診療報酬点数表 改正点の解説(歯科・調剤) 平成30年4月版』を発行

平成30年4月1日から改定される診療報酬(歯科)にいち早く対応し、改定の全てが分かる書籍、『診療報酬点数表 改正点の解説(歯科・調剤) 平成30年4月版』が発行されました。

主要な歯科改定項目

歯科領域における主要な改定項目では、基本診療料(歯科初診料・歯科再診料)等において院内感染防止対策に関する施設基準が新設され、院内感染防止対策に係る研修を修了した常勤歯科医師1名以上の配置等の基準を適合しているものとして届け出た医療機関において、改定前と比べ3点高い初診料・再診料等を算定できます(満たさない場合は減算)。

また、ライフステージに応じた口腔機能管理の推進として、歯科疾患管理料において、小児・高齢者に対する計億的な管理を評価する加算が新設されます(それぞれ、小児口腔機能管理加算 50点、口腔機能管理加算 100点)。

医科歯科連携の推進する観点からは、歯科診療を行う上で必要な診療情報や処方内容等の診療情報を、かかりつけ医とかかりつけ歯科医の間で連携した場合の評価として、診療情報連携共有料(120点)が、医科・歯科ともに新設されます。

このほか、歯科固有の技術の評価のとして、咀嚼機能検査(140点)・咬合圧検査(130点)等の検査の新設、高強度硬質レジンブリッジによる治療の評価などが行われます。

本書の構成

本書は、こうした改定の内容を全体的に把握できるよう、中央社会保険医療協議会や厚生労働省・平成30年度診療報酬改定説明会の資料等に基づき作成しています。

第1部では、歯科に関連する個別改定項目を見やすく掲載しています。

▲サンプルページ(個別改定項目)

第2部では、重要な診療報酬点数表部分について、全文を新旧形式で掲載。

▲サンプルページ(歯科診療報酬点数表)

第3部・第4部では、基本診療料・特掲診療料の施設基準等も含め、関係告示・関係通知から必要な情報を網羅して収載しました。

改正の趣旨から内容までを把握し、新しい診療報酬点数表の中で、よりよい医業経営を推進していく一助としてご活用ください。

販売情報

診療報酬点数表 改正点の解説(歯科・調剤) 平成30年4月版
規格:B5・800頁
発行:平成30年3月発刊
ISBN:ISBN978-4-7894-1097-7 C3047 \2200E
商品No.:10144
定価:本体2,200円+税

本書の購入はこちらから »

診療報酬関連BOOK ONLINE STORE

『診療報酬点数表 改正点の解説(歯科・調剤) 平成30年4月版』商品詳細ページ

 

Web医療と介護