Web医療と介護

〔解説〕 平成30年度改定:入院医療の評価の見直し (2)急性期医療の評価(A100 一般病棟入院基本料)

平成30年4月の診療報酬改定で実施される「入院医療の評価の見直し」について情報をまとめています。

⑴ 改定の概要 1.入院医療の評価体系の見直し
2.【重症度、医療・看護必要度】の見直し
3.その他の入院料関連項目の見直し
3月15日
⑵ 急性期医療の評価:A100 一般病棟入院基本料 1.急性期一般入院基本料の新設(7対1・10対1の見直し)
2.地域一般入院基本料の新設
(13対1・15対1の見直し)
3月16日
⑶ 急性期医療~長期療養の評価 1.A308 回復期リハビリテーション病棟入院料
2.A308-3 地域包括ケア病棟入院料
3.A101 療養病棟入院基本料
3月19日

下記の平成30年3月5日の資料・告示・通知にもとづき作成しました。

①平成30年度診療報酬改定の概要(厚生労働省保険局医療課) 改定説明会資料
②基本診療料の施設基準等の一部を改正する件 厚生労働省告示第44号
③基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて 保医発0305第2号

※この解説は、3月下旬発行「速報 診療報酬の施設基準」から転載しています。

 

1.急性期一般入院基本料の新設(7対1・10対1入院基本料の見直し)

⑴一般病棟入院基本料のうち7対1入院基本料、10対1入院基本料が、新たに「急性期一般入院基本料」に再編・統合されました。

⑵「急性期一般入院基本料」は、従来の10対1入院基本料の評価を基礎として、入院患者数に対する看護職員の数、入院患者の平均在院日数、【重症度、医療・看護必要度】の基準を満たす患者割合の実績に応じて評価が段階的に上積みされる仕組みとなっています。

⑶今回の改定では、従来の7対1入院基本料(1段階)と10対1入院基本料(看護必要度加算の届出により4段階)の中間の評価が設けられ、合わせて7段階の評価区分となっています。

A 急性期一般入院基本料の施設基準の共通事項(通則)

⑴従来の10対1入院基本料を基礎として設定されています。

①当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数は、常時、当該病棟の入院患者数の10対1以上(急性期一般入院料1では7対1以上)
②看護職員の最小必要数の7割以上が看護師
③当該病棟の入院患者の平均在院日数が21日以内(急性期一般入院料1では18日以内)
④データ提出加算に係る届出を行っている

⑵これまで10対1入院基本料を届け出ていた200床未満の病院は、データ提出加算が要件とされていませんでしたが、改定によりデータ提出加算の届出が要件となっています(原則として平成31年3月31日までは要件を満たすとみなされる経過措置があります)。

ここから先はログインしてご覧ください。

Web医療と介護