Web医療と介護

岡田 誠(おかだ まこと)

「参加から参画へ」 – さまざまな立場の人が認知症の課題に取り組む意味

認知症の課題を地域で考えていくためには、多くの人が関与することが大切です。では、そのような活動に、具体的に誰がどのように関わればよいのでしょう。そのヒントが世界でも、日本でも、生まれ始めています。
今回は、「参加から参画へ」というテーマで、認知症の当事者も交えたさまざまな立場の人が認知症の課題に取り組む意味について考えます。

 

“I want to speak please”
認知症の当事者本人としての声をとどける

冒頭の写真は、ロンドンから列車で2時間ほどの英国中部の街、人口20万人ほどのヨークというところで使われている絵はがきほどの大きさのカードです。この街では、認知症当事者のみなさんが月に一度集まって話をしています。
集まりでは、誰でも自分が話したいタイミングを示せる黄色いカードを使いながら、「ヨークという街がこうであったら素敵ね」という話をしています。このカードは、「自分はその集まりに【参加】しているだけではなく【参画】しているのだ」という思いを伝えるカードでもあります。

カードの裏側には活動を支援するためのコンタクト先が書いてあります。お金もたいしてかからないこの小さな黄色いカードは、認知症当事者である本人のみなさんが「こんなカードを使って話しているの」と自分たちの日常をソフトに伝え、「応援してね」とやさしく伝える道具になっています。街の人たちに対しては、【参加】や【理解】から【参画】を促す道具になっています。

ヨークのこの集まり「Minds and Voices」に来ている人たちは、ほとんどが歩いて来られる程度の距離に住んでいます。特別な人たちではなく、ごく近所の人たちなのです。英国では同じような小さな集まりがDEEP (The Dementia Engagement and Empowerment Project)という名前のネットワークとして拡がりつつあり、現在英国全土で、約90の集まりが活動を行っています。

同じようなことは、日本でも少しずつ拡がりつつあります。町田の「まちの保健室 本人会議」や仙台の「ワーキンググループみやぎ」など、認知症の当事者である本人のみなさんが、「自分はこう思う」「この街がこうであったらいいね」と話をする集まりをはじめています。

「声を届ける」ために自分たちがどう関わるのかについて話をする

ヨークのグループが今年進めているのは、認知症と診断された後にどのような学びの機会があればよいか、学習コースを新たに設ける取り組みです。自分たちが認知症であると診断されたときのことを振り返りながら、”認知症とともによりよく生きる(a good life with dementia)”ために「自分たちが何を伝えたいか」「自分たちがどんなふうに関われるか」を話し合っているそうです。この学習コースの実施にも、ヨークのグループの人たち自身が関わっています。

Minds and Voicesでは、話をして思いを伝える段階から始め、より積極的に周囲への変化に関わることを始めています。それは、その名前の由来である「心を開き前へ進むこと」(“Opening minds and moving forwards”)を象徴しています。

 

ヨークのMinds and Voicesの様子と進行中のプロジェクト

ヨークの集まりや英国各地でのDEEPの活動が面白いのは、活動がひとつの街に閉じていないことです。月に一度の話し合いでは、他の街でのDEEPの活動や取り組みについて「自分たちとしてどう思うか」についても話しているそうです。
ヨーク近隣の同じようなグループで集まって、たとえば「交通」という共通のテーマで話すこともあるようです。その結果から自分たち自身のテーマを作り、それを自分たちの街の人たちへ働きかけるきっかけにつなげています。
社会の変化とは、そのような活動の積み重ねの中から生まれるのかもしれません。

 

次ページ » 変化を少しずつ形にしながら働きかけていく

  • 1
  • 2
岡田 誠(おかだ まこと)
一般社団法人認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ共同代表理事
富士通研究所R&D戦略本部所属エキスパート・リサーチャー、実践知研究センター研究員。
国際大学GLOCOM客員研究員、慶應SFC研究所上席所員。

1986年、富士通研究所入社。2011年に認知症フレンドリージャパン・イニシアチブの前身となる認知症プロジェクトを企画。以降、認知症に関わる社会的な課題や状況に対して、企業・NPO・大学・自治体・コミュニティといった異なるセクターに属するメンバーがそれぞれのリソースを持ちよりながら、これまでとは視点やアプローチの異なる取り組みを創り出していく活動を推進している。本稿に述べた「旅のことば」(共同編者)は、建築の分野などで使われていたパターンランゲージを世界で初めて福祉の分野に応用したものであり、2015年グッドデザイン賞も受賞している。
Web医療と介護