Web医療と介護

岡田 誠(おかだ まこと)

「参加から参画へ」 – さまざまな立場の人が認知症の課題に取り組む意味

変化を少しずつ形にしながら働きかけていく

同じ英国でも、スコットランドのエジンバラでは、また別の活動が進められています。例えば、スコットランドで認知症当事者グループを立ち上げたJames McKillopさんは、エジンバラ大学の研究会に来て、スコットランド当事者グループのメンバーで作った”Core principles for involving people with dementia in research”(「認知症の人に参加してもらう研究の基本原則」)の話をしていました。

そこでは認知症の当事者であるJamesさんが大学の研究グループのイコール・パートナーとして、「認知症の研究に当事者が参加するときに配慮すべきことは何か」について話をしていました。

エジンバラ大での研究会の様子と議題となった冊子

このような取り組みには一連のプロセス、

1) 自分たちが認知症の当事者として課題を話す
2)話し合ったものを形にする
3) 形にしたものを使って関係者がさらに話をする
4) 変化が少しずつ大きくなっていく

があるように思います。

そこでは、認知症当事者である本人の人たちと、大学関係者や認知症当事者の活動を支える人たちとが、イコール・パートナーの関係にあります。それぞれがそれぞれを応援し、応援されるものとして存在し、両者の活動が相まって変化は少しずつ形になっているように思えます。

参加から参画へ。応援し、応援される関係を作っていくこと

応援し応援される関係はどちらが主ということはありません。よりよい街を作っていくために、人々が【参加】から【参画】へと動いていくようなコミュニケーションが生まれることにその本質があります。

三重県にある中高一貫校、鈴鹿享栄学園 鈴鹿中学の3年生が企画者・プロデューサーとなって行われた『SUZUKA MEETING 2017 鈴鹿から地域再生を考える:認知症から地域を考える』では、認知症の当事者である丹野智文さんが応援する側になってくれました。

このプログラムの企画者である中学3年生の問題意識は、「自分たちが持っている認知症に関する偏見を自分たち自身がどう変えていくか」でした。プログラムには、地域の大学生・高校生・中学生17人が参加しました。丹野智文さんは彼らのために応援のメッセージビデオを送ってくれました。

中学生が企画した「Suzuka Meeting 2017:認知症から地域を考える」の様子

彼らは、自分たちの中の「認知症」という言葉の印象を振り返り、丹野さんや日本のさまざまな場所で起こっていることを、ビデオや写真、丹野さんが国際会議で話した言葉から感じていました。そして、『旅のことば :認知症とともによりよく生きるためのヒント』のカードも参考にしながら、自分たちにとっての意味を自分ごととしてまとめていました。

そこでは誰が応援者でしょう。
地域の大学生・高校生・中学生は応援するものであり、応援されるものです。
ビデオメッセージを送ってくれた丹野さんもまた、応援するものであり、応援されるものです。
この企画を応援した先生方や周囲の人たちもまた応援するものであり、応援されるものなのです。

認知症にやさしい地域を作っていくことは、誰がどこから始めてもよく、その本質は、認知症当事者もそうでない人も、互いに応援し合いながら、【参加】から【参画】への一歩を踏み出すことにあるような気がするのです。

(次回に続きます・1月19日掲載予定)

 

岡田 誠(おかだ まこと)
一般社団法人認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ共同代表理事
富士通研究所R&D戦略本部所属エキスパート・リサーチャー、実践知研究センター研究員。
国際大学GLOCOM客員研究員、慶應SFC研究所上席所員。

1986年、富士通研究所入社。2011年に認知症フレンドリージャパン・イニシアチブの前身となる認知症プロジェクトを企画。以降、認知症に関わる社会的な課題や状況に対して、企業・NPO・大学・自治体・コミュニティといった異なるセクターに属するメンバーがそれぞれのリソースを持ちよりながら、これまでとは視点やアプローチの異なる取り組みを創り出していく活動を推進している。本稿に述べた「旅のことば」(共同編者)は、建築の分野などで使われていたパターンランゲージを世界で初めて福祉の分野に応用したものであり、2015年グッドデザイン賞も受賞している。
Web医療と介護