Web医療と介護

社会保険旬報 編集部

地域医療連携推進法人連絡会議が初会合――医療従事者の派遣や共同研修を実施(2019/1/25)

厚労省は1月25日、地域医療連携推進法人連絡会議の初会合を開催した。現在、全国に7つある地域医療連携推進法人()の代表者が出席し、意見交換した。

初会合では、厚労省が実施した地域医療連携推進法人の業務内容や取り組み状況に関するアンケート調査の結果を公表。現時点で、病床機能の見直しや病床の融通を行う連携推進法人はなく、多くは医療・介護従事者などの派遣・人事交流や共同研修などを実施していることがわかった。

地域医療連携推進法人
名称 認定日 医療連携推進区域
1 尾三会 平成29年4月2日 愛知県:名古屋市(緑区、天白区、南区)、岡崎市、西尾市、豊川市、刈谷市、豊田市、東海市、大府市、知立市、豊明市、日進市、みよし市、東郷町
2 はりま姫路総合医療センター整備推進機構 平成29年4月3日 兵庫県:中播磨圏域(姫路市、福崎町、市川町、神河町)、西播磨圏域(相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、太子町、上郡町、佐用町)
3 備北メディカルネットワーク 平成29年4月2日 広島県:三次市、庄原市
4 アンマ 平成29年4月2日 鹿児島県大島郡:瀬戸内町、宇検村
5 日本海ヘルスケアネット 平成30年4月1日 山形県:庄内医療圏(酒田市、鶴岡市、遊佐町、庄内町、三川町)
6 医療戦略研究所 平成30年4月1日 福島県:いわき医療圏(いわき市)
7 房総メディカルアライアンス 平成30年12月1日 千葉県:安房医療圏(南房総市、館山市、鴨川市、安房郡鋸南町)

次ページ » 平成29年度に制度スタート、現在7法人/アンケート調査で3法人が病床の融通を予定

ここから先はログインしてご覧ください。

社会保険旬報 編集部
医療・医療保険・社会保障に関する専門誌「社会保険旬報」です。昭和16(1941)年に創刊し、月3回発行しています。
発行:社会保険研究所

年間購読のお申し込みはこちら→【PDF】「社会保険旬報」購読申込書
Web医療と介護