Web医療と介護

[オプジーボ]腎細胞癌・古典的ホジキンリンパ腫に対するガイドラインと保険適用上の留意事項の追加

【通知】ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(腎細胞癌及び古典的ホジキンリンパ腫)について(平成29年4月18日薬生薬審発0418第1号)
【通知】抗PD-1抗体抗悪性腫瘍剤に係る最適使用推進ガイドラインの策定に伴う留意事項の一部改正について(平成29年4月18日保医発0418第9号)

オプジーボの腎細胞癌と古典的ホジキンリンパ腫に対する最適使用推進ガイドラインがとりまとめられ、ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(腎細胞癌及び古典的ホジキンリンパ腫)について(平成29年4月18日薬生薬審発0418第1号)により通知として発出された。

そのガイドラインでは、施設・医師要件のほか、投与対象とならないものとして、腎細胞癌については、▽化学療法未治療の患者及びサイトカイン製剤のみの治療歴を有する患者▽術後補助化学療法▽他の抗悪性腫瘍剤(サイトカイン製剤を含む)との併用―を、古典的ホジキンリンパ腫については、▽化学療法未治療の患者▽他の抗悪性腫瘍剤との併用―が示されている。

また、ガイドラインが作成されたことに伴い、オプジーボの保険適用上の留意事項の一部を改正するPD-1抗体抗悪性腫瘍剤に係る最適使用推進ガイドラインの策定に伴う留意事項の一部改正について(平成29年4月18日保医発0418第9号)が発出された。

オプジーボが「根治切除不能又は転移性の腎細胞癌」、「再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫」の治療に用いられる場合のレセプト摘要欄の記載事項や経過措置について示している。

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

『新明細書の記載要領(医科・歯科・調剤/DPC)(平成28年4月版)』

『薬効・薬価リスト(平成29年度版)』


  • 診療報酬ナビ
  • 時系列で並べた一覧表形式でご覧になりたい方はコチラ
Web医療と介護