Web医療と介護

[先進医療]先進医療Bの3技術を削除

【告示】厚生労働大臣の定める先進医療及び患者申出療養並びに施設基準の一部を改正する件(平成29年4月28日厚生労働省告示第187号)

先進医療Bから削除される3技術について告示したもので、平成29年5月1日から適用される。

① 虚血性心疾患(薬物療法に対して抵抗性を有するものであって、経皮的冠動脈形成術又は冠動脈バイパス手術による治療が困難なものに限る」に対する「低出力体外衝撃波治療法」は、試験期間が終了したため削除

② 原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る)に対する「術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法」は、試験薬の投与期間が終了したため削除

③ 腹膜播種を伴う初発の胃がんに対する「S-1内服投与、オキサリプラチン静脈内投与及びパクリタキセル腹腔内投与の併用療法」は、平成27年1月に症例登録を完了し、平成29年1月に観察期間が終了したため削除

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』

 

 

Web医療と介護