Web医療と介護

[レパーサ、プラルエント]最適使用推進ガイドラインの策定に伴う保険適用上の留意事項

【通知】抗PCSK9抗体製剤に係る最適使用推進ガイドラインの策定に伴う留意事項の一部改正について(平成29年3月31日保医発0331第9号)

抗PCSK9抗体製剤であるレパーサ皮下注及びプラルエント皮下注については、それぞれ使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部改正等について(平成28年4月19日保医発0419第1号)及び使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正等について(平成28年8月30日保医発0830第1号)において、保険適用上の取扱いに係る留意事項が示されている。

平成29年3月31日にエボロクマブ(遺伝子組換え)製剤及びアリロクマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドラインについて(平成29年3月31日薬生薬審発0331第1号)により、最適使用推進ガイドラインが策定されたことに伴い、当該製剤の保険適用上の留意事項が改正され、平成29年3月31日から適用された。

最適使用推進ガイドラインでは、「医師免許取得後、満6年以上の臨床研修歴を有し、うち3年以上は循環器診療又は動脈硬化学に関する臨床研修歴を有する医師が所属する施設であること」等の要件が示されており、それらを踏まえたレセプト摘要欄への記載事項や経過措置などについて追加されている。

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

『新明細書の記載要領(医科・歯科・調剤/DPC)(平成28年4月版)』

『薬効・薬価リスト(平成29年度版)』


  • 診療報酬ナビ
  • 時系列で並べた一覧表形式でご覧になりたい方はコチラ
Web医療と介護