Web医療と介護

[QA]平成28年度診療報酬改定Q&Aの10回目を事務連絡

【事務連絡】疑義解釈資料の送付について(その10)(平成29年3月31日医療課事務連絡)

平成28年度診療報酬改定に関するQ&Aの10回目で、医科点数表関係が次の5項目、歯科点数表関係が次の2項目の計7項目が新たに示された。

<医科点数表関係>

▽B005-9排尿自立指導料
▽FIP1L1-PDGFRα融合遺伝子検査(D006-2造血器腫瘍遺伝子検査とD006-3Major BCR-ABL1の「2」の所定点数を合算した3,300点)
▽H003-4目標設定等支援・管理料(2項目)
▽I003-2認知療法・認知行動療法

<歯科点数表関係>

▽一般病棟用の重症度、医療・看護必要度
▽在宅療養支援歯科診療所(施設基準)

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

 

『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』

『歯科点数表の解釈(平成28年4月版)』

 


  • 診療報酬ナビ
  • 時系列で並べた一覧表形式でご覧になりたい方はコチラ
Web医療と介護