Web医療と介護

[テリボン、ザーコリ]効能・効果等の一部変更承認に伴い保険適用上の留意事項を改正

【通知】医薬品医療機器等法上の効能・効果等の変更に伴う留意事項の一部改正について(平成29年5月18日保医発0518第1号)

テリボン皮下注用56.5μgの用法・用量等において、「投与上限72週間」が「投与上限24ヵ月間(104週間)」とされたこと及びザーコリカプセル200mg・同250mgの効能・効果に「ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」が追加されたことに伴い、それぞれの保険適用上の留意事項が改正されている。

具体的には、テリボン皮下注用56.5μgについては、「使用薬剤の薬価(薬価基準)等の一部改正について」(平成23年11月25日保医発1125第2号)の2の(1)、ザーコリカプセル200mg・同250mgについては、「使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部改正等について」(平成24年5月29日保医発第0529第1号)の2の(2)が改正された。

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

『薬効・薬価リスト(平成29年度版)』

『新明細書の記載要領(医科・歯科・調剤/DPC)(平成28年4月版)』


  • 診療報酬ナビ
  • 時系列で並べた一覧表形式でご覧になりたい方はコチラ
Web医療と介護