Web医療と介護

[DPC]DPC制度から新葛飾病院が退出

【告示】厚生労働大臣が指定する病院の病棟並びに厚生労働大臣が定める病院、基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数Ⅰ及び機能評価係数Ⅱの一部を改正する件(平成29年5月31日厚生労働省告示第214号)

DPC対象病院(DPC対象病院告示の「30413」)である医療法人社団明芳会新葛飾病院(東京都葛飾区堀切3-26-5。DPC算定病床数142床)が、地域での役割が変化し、在宅復帰に向けた集中的なリハビリテーションを主とする病院(回復期リハビリテーション病院)に機能変更するため、平成29年6月1日にDPC制度から退出する。

退出後も次回診療報酬改定までは、退院患者調査に適切に参加することとなる。

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

『診断群分類点数表のてびき(平成28年4月版)』

『DPCの基礎知識(平成28年4月版)』


  • 診療報酬ナビ
  • 時系列で並べた一覧表形式でご覧になりたい方はコチラ
Web医療と介護