Web医療と介護

[公知申請]オランザピン(ジプレキサ)が事前評価により保険適用

【通知】公知申請に係る事前評価が終了した医薬品の保険上の取扱いについて(平成29年6月9日保医発0609第1号)

薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会において、▽オランザピン(販売名:ジプレキサ錠2.5mg、同錠5mg、同錠10mg、同細粒1%、同ザイディス錠2.5mg、同ザイディス錠5mg、同ザイディス錠10mg、日本イーライリリー株式会社)の適応外使用に係る公知申請の事前評価が行われ、当該品目について公知申請を行っても差し支えないとの結論が得られた。

これを踏まえ、当該1成分7品目について、追加される予定である効能・効果及び用法・用量について、平成29年6月9日より保険適用された。

追記される予定の効能・効果
抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)

追記される予定の用法・用量
<抗悪性腫瘍剤の投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)に対して使用する場合>
他の制吐剤との併用において、通常、成人にはオランザピンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態により適宜増量するが、1日量は10mgを超えないこと。

ここから先はログインしてご覧ください。

Web医療と介護