Web医療と介護

[材料]平成29年7月1日から保険適用された医療機器の一覧

【通知】医療機器の保険適用について(平成29年6月30日保医発0630第2号)

【事務連絡】「医療機器の保険適用について」の一部訂正について(平成29年6月30日医療課事務連絡)

通知は平成29年7月1日から保険適用となった医療機器の一覧で、特定の診療報酬項目において包括的に評価されている区分A2(特定包括)、材料価格が個別に設定され評価されている区分B(個別評価)、新たな機能区分が必要で、技術が評価されていない区分C2(新機能・新技術)について追加された。

このうち、区分C2の販売名;TMP経皮経肝胆道拡張バルーンカテーテル(株式会社東海メディカルプロダクツ)は、暫定価格65,300円で平成29年7月1日から保険適用となっている。

正式に材料価格基準に収載されるのは、平成29年9月1日で償還価格は同額の65,300円となる。

なお、TMP経皮経肝胆道拡張バルーンカテーテルを使用する場合の技術料は、K689経皮経肝胆管ステント挿入術(12,270点)を準用する。

ここから先はログインしてご覧ください。

Web医療と介護