Web医療と介護

[健康保険]健康保険組合における被保険者等の住所の取扱い

【通知】健康保険組合が管掌する健康保険の被保険者等の住所の届出について(平成29年6月20日保保発0620第3号)

平成29年1月1日改正の「被保険者資格取得届」の運用開始後、被保険者及び被扶養者の住所の取扱いに関する疑義が多数寄せられていることや、平成29年7月から開始を予定している個人番号(マイナンバー)を活用した情報連携において、被保険者等の住所情報を把握することの重要性が増していることから、健康保険組合における被保険者等の住所の取扱いについて、取りまとめたものである。

① 平成28年12月28日保発1228第8号通知で示した被保険者の住所情報に関する改正内容

平成29年1月1日より、組合管掌健康保険の被保険者について、保健事業等で活用することも念頭に、原則「被保険者資格取得届」に郵便番号と住所を記入した上で、健康保険組合に提出することとされている。

ただし、健康保険組合が被保険者の住所に係る情報を求めないときに限り、被保険者の郵便番号と住所の記入は必要ないこととしている。

ここから先はログインしてご覧ください。

Web医療と介護