Web医療と介護

[遠隔診療]保険者が実施する外来禁煙は遠隔診療のみでも可

【通知】情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」について(平成29年7月14日医政発0714第4号)

遠隔診療については、情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」)について(平成9年12月24日健政発第1075号)及び情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」)について(平成27年8月10日医政局長事務連絡)により、その基本的考え方や医師法第20条(無診治療等の禁止)等との関係から留意すべき事項が示されているが、情報通信機器の開発・普及の状況を踏まえ、遠隔診療の取扱いについて、再度周知・明確化するものである。

具体的には、次の①保険者が実施する外来禁煙②遠隔診療の手段―についての取扱いが明示されている。

① 保険者が実施する外来禁煙について

定期的な健康診断・健康診査が行われていることを確認し、患者側の要請に基づき、患者側の利益と不利益を十分に勘案した上で、医師の判断により、直接の対面診療の必要性については柔軟に取り扱っても直ちに医師法第20条(無診治療等の禁止)等に抵触するものではない。

また、患者側の理由により診療が中断し、結果として遠隔診療のみで診療が実施された場合には、直接の対面診療が行われなくとも直ちに医師法第20条(無診治療等の禁止)等に抵触するものではない。

② 遠隔診療の手段について

当事者が医師及び患者本人であることが確認できる限り、テレビ電話や、電子メール、ソーシャルネットワーキングサービス等の情報通信機器を組み合わせた遠隔診療についても、直接の対面診療に代替し得る程度の患者の心身の状況に関する有用な情報が得られる場合には、直ちに医師法第20条(無診治療等の禁止)等に抵触するものではない。

関連書籍

『保険診療 基本法令テキストブック(平成29年4月版)』

『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』

Web医療と介護