Web医療と介護

[先進医療]先進医療Bに1医療技術を追加

【告示】厚生労働大臣の定める先進医療及び患者申出療養並びに施設基準の一部を改正する件(平成29年7月31日厚生労働省告示第260号)

先進医療に次の医療技術が追加され、平成29年8月1日から適用される。

<先進医療Bに追加(1医療技術)>
▽「78」全身性強皮症(ステロイド又は少なくとも一種類のステロイド以外の免疫抑制剤に抵抗性を有するものに限る)に対するシクロホスファミド静脈内投与及び自家末梢血幹細胞移植術の併用療法

【申請医療機関】九州大学病院
【先進医療に係る費用※】923,000円(全額研究費負担のため患者負担は0円)
【保険外併用療養費に係る保険者負担※】2,243,000円
【保険外併用療養費分に係る一部負担金】970,000円
※典型的な1症例に要する費用として申請医療機関が記載した額

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』


  • 診療報酬ナビ
  • 時系列で並べた一覧表形式でご覧になりたい方はコチラ
Web医療と介護