Web医療と介護

[記載要領]記載要領通知の一部改正

【通知】「診療報酬請求書等の記載要領等について」の一部改正について(平成29年7月31日保医発0731第3号)

「健康保険法施行令等の一部を改正する政令」(平成29年政令第213号)の公布に伴い、「診療報酬請求書等の記載要領等について」(昭和51年8月7日保険発第82号)の一部が改正され、平成29年8月1日から適用となった。

主な改正内容として、高額療養費制度の見直し(平成29年8月施行分)により、70歳以上の一般所得者の入院に係る高額療養費の算定基準額が引き上げられ、多数回該当(44,400円)が設定されることに伴い、難病法による特定医療などに係る公費負担医療において、高額療養費の支給が直近12か月間において4月目以上である場合は、特記事項欄に「34多エ」を記載することとした。なお、平成30年8月1日施行の高額療養費制度の見直しにおいても、70歳以上の所得区分の細分化等に伴い、記載要領通知の一部改正を予定としている。

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』

『新明細書の記載要領(平成28年4月版)』


  • 診療報酬ナビ
  • 時系列で並べた一覧表形式でご覧になりたい方はコチラ
Web医療と介護