Web医療と介護

[材料]材料価格基準に新たに4つの機能区分が追加

【告示】特定保険医療材料及びその材料価格(材料価格基準)の一部を改正する件(平成29年8月31日厚生労働省告示第287号)

材料価格基準に▽112ペースメーカー(1)シングルチャンバ③リード一体型1,040,000円、▽133血管内手術用カテーテル(14)静脈弁カッター③オーバーザワイヤー型86,000円、▽192経皮的胆道拡張用バルーンカテーテル65,300円、▽193補助循環用ポンプカテーテル2,590,000円―の4つの機能区分が追加され、112ペースメーカー(1)シングルチャンバ③リード一体型(承認番号22900BZX00047000)については経過措置が設けられている。適用は平成29年9月1日から。

▽112ペースメーカー(1)シングルチャンバ③リード一体型
平成29年8月23日の中医協総会で承認されたMicra経カテーテルペーシングシステム(日本メドトロニック株式会社)が該当。経過措置(平成29年9月1日から平成30年3月31日までは1,040,000円)が設けられている承認番号22900BZX00047000にも同材料が該当する。

▽133血管内手術用カテーテル(14)静脈弁カッター③オーバーザワイヤー型
平成29年8月23日の中医協総会で承認されたレメイト オーバーザワイヤー 静脈弁カッター(レメイト・バスキュラー合同会社)が該当。

▽192経皮的胆道拡張用バルーンカテーテル
平成29年6月28日の中医協総会で承認されたTMP経皮経肝胆道拡張バルーンカテーテル(株式会社東海メディカルプロダクツ)が該当。

▽193補助循環用ポンプカテーテル
平成29年7月26日の中医協総会で承認されたIMPELLA補助循環用ポンプカテーテル(日本アビオメッド株式会社)が該当。

 

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

『保険医療材料算定の解釈(平成28年4月版)』

『材料価格基準早見表(平成28年4月版)』

『特材算定ハンドブック(平成28年4月版)』


  • 診療報酬ナビ
  • 時系列で並べた一覧表形式でご覧になりたい方はコチラ
Web医療と介護