Web医療と介護

[薬価]承継品目等を薬価基準に収載

【告示】使用薬剤の薬価(薬価基準)及び療担規則及び薬担規則並びに療担基準に基づき厚生労働大臣が定める掲示事項等の一部を改正する告示(平成29年9月29日厚生労働省告示第317号)

【通知】使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部改正等について(平成29年9月29日保医発0929第7号)

製薬企業による医薬品の製造販売承認の承継に伴い、販売名の変更があった医薬品(内用薬23品目)が、平成29年10月1日に薬価基準に収載された。これにより内用薬は10,511品目、注射薬3,997品目、外用薬2,475品目となっている。

また、日本薬局方の全部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第64号)に基づく経過措置期間が平成29年9月30日をもって終了することに伴い、薬価基準に収載されている医薬品(内用薬品254品目、注射薬170品目、外用薬89品目)の名称が変更された(薬価基準改正告示)。

なお、製薬企業による医薬品の製造販売承認の承継に伴い販売名が変更され、新たに薬価基準に収載された医薬品に代替されるため、製薬企業から削除依頼があった医薬品(内用薬23品目)は、平成30年4月1日以降、使用医薬品から除外される(掲示事項等改正告示)。

併せて「「診療報酬における加算等の算定対象となる後発医薬品」等について」(平成28年3月4日保医発0304第13号)の改正が行われ、平成29年10月1日から適用となる後発医薬品が示されている。

 

「診療報酬関連情報ナビ」では、標記のものを含む『医科点数表の解釈(平成28年4月版)』発刊以降の平成28年度診療報酬改定に関する告示・通知等について、時系列で並べた一覧表形式で閲覧できます。

関連書籍

『薬効・薬価リスト(平成29年度版)』


  • 診療報酬ナビ
  • 時系列で並べた一覧表形式でご覧になりたい方はコチラ

 

 

Web医療と介護