Web医療と介護

[地域医療指数・体制評価指数]救急医療等の参加状況についての提出は平成29年10月16日(月)まで

【通知】平成29年度地域医療指数(体制評価指数)等の確認に係る手続きについて(平成29年9月29日保医発0929第6号)

地域医療指数(体制評価指数)等の確認は、毎年10月1日における評価項目の参加又は指定等の状況、施設基準の届出状況等を確認するもので、DPC対象病院又は直近の診療報酬改定に合わせて「DPC制度への参加等の手続きについて」(平成28年3月25日保医発0325第7号)の別紙1「DPC制度への参加に係る届出書」を提出したDPC準備病院は、その確認に係る手続をしなければならないとされている。

地域医療指数は、機能評価係数Ⅱの項目である地域医療係数を算出する評価指標であり、地域医療計画等における一定の役割を評価する体制評価指数と、地域で発生する患者に対する各病院の患者のシェアを評価する定量評価指数で構成される。

地域医療指数(体制評価指数)の評価項目のうち、事業への参加又は指定等の状況により評価されるものは次の通りである。

▽救急医療
▽災害時における医療
▽広域災害・救急医療情報システム(EMIS)
▽へき地の医療
▽周産期医療
▽がん診療連携拠点病院等

ここから先はログインしてご覧ください。

Web医療と介護