Web医療と介護

[妊婦加算]平成31年1月以降算定不可の旨を事務連絡(12月19日)

平成30年12月19日付保険局医療課事務連絡「妊婦加算の取扱いについて」

主旨

平成30年度診療報酬改定において創設された妊婦加算について、平成30年12月19日に開催された中央社会保険医療協議会において、次のとおり承認された。

次に規定する加算(妊婦加算)については、平成31年1月1日から厚生労働大臣が定める日(現時点では定められていない)まで、算定できない。

  • A000初診料の注7(妊婦に対して初診を行った場合に限る)、注10及び注11
  • A001再診料の注5(妊婦に対して再診を行った場合に限る)、注15及び注16
  • A002外来診療料の注8(妊婦に対して再診を行った場合に限る)、注10及び注11

なお、平成30年12月31日までは従前の例により算定する。

参考資料

診療報酬の算定方法(平成20年3月5日厚生労働省告示第59号)
A000 初診料
注7 保険医療機関が表示する診療時間以外の時間(深夜(午後10時から午前6時までの間をいう。以下この表において同じ。)及び休日を除く。以下この表において同じ。)、休日(深夜を除く。以下この表において同じ。)又は深夜において初診を行った場合は、時間外加算、休日加算又は深夜加算として、それぞれ85点、250点又は480点(6歳未満の乳幼児又は妊婦の場合にあっては、それぞれ200点、365点又は695点)を所定点数に加算する。ただし、専ら夜間における救急医療の確保のために設けられている保険医療機関にあっては、夜間であって別に厚生労働大臣が定める時間において初診を行った場合は、230点(6歳未満の乳幼児又は妊婦の場合にあっては、345点)を所定点数に加算する。
注10 妊婦に対して初診を行った場合は、妊婦加算として、75点を所定点数に加算する。ただし、注7又は注11に規定する加算を算定する場合は算定しない。
注11 産科又は産婦人科を標榜する保険医療機関(注7のただし書に規定するものを除く。)にあっては、夜間であって別に厚生労働大臣が定める時間、休日又は深夜(当該保険医療機関が表示する診療時間内の時間に限る。)において妊婦に対して初診を行った場合は、注7の規定にかかわらず、それぞれ200点、365点又は695点を所定点数に加算する。

    関連書籍

  • 医科点数表の解釈 平成30年4月版

  • 医科診療報酬点数表 平成30年4月版

  • 保険医療機関のための 診療報酬とカルテ記載 平成30年版

Web医療と介護