Web医療と介護

特養入所者の医療ニーズへの対応を検討(11月15日)

厚労省は15日の社会保障審議会・介護給付費分科会で、介護老人福祉施設(特養)の入所者の医療ニーズへの対応を手厚くすることを提案した。

複数名の配置医師を置いていること、もしくは配置医師と協力病院等の医師が連携し、24時間対応できている体制を確保していること等を要件に、医師が早朝・夜間・深夜に施設を訪問し入所者の診療を行ったことを新たに評価する。

こうした体制を整備し実際に看取りを行なった場合、看取り介護加算の算定でより手厚く評価する。利用者の病状の急変に備えるため、配置医師による対応などの対応方針を定めることの義務付けも示した。

Web医療と介護