Web医療と介護

急性期一般入院基本料見直しを2年連続で調査(7月12日)

中医協の入院医療等の調査・評価分科会は7月12日、2018・2019年度に実施する入院医療等の調査項目案を了承した。急性期一般入院基本料の見直しの影響を2年続けて調査する。

2018年度の調査は、◇急性期一般入院基本料、地域一般入院基本料等の評価体系の見直しの影響◇地域包括ケア病棟入院料及び回復期リハビリテーション病棟入院料の評価体系の見直しの影響◇療養病棟入院基本料等の慢性期入院医療における評価の見直しの影響◇医療資源の少ない地域における保険医療機関の実態-の4項目。

2019年度には、◇急性期一般入院基本料等の評価体系の見直しの影響◇療養病棟入院基本料等の慢性期入院医療における評価の見直しの影響の調査-を継続して行う。新たに、特定集中治療室管理料等の集中治療を行う入院料の見直しの影響の調査も実施する。

 

Web医療と介護