Web医療と介護

保険料と保険財政を中心とした保険者事務の実務書『介護保険の実務』

社会保険研究所はこのたび書籍『保険料と介護保険財政 介護保険の実務 平成30年8月版』 を発行しました。

本書は、介護保険制度においても複雑な、保険料や保険財政を中心に、保険者事務に絞って凝縮された解説書です。

第1章 介護保険財政

第1節/介護保険制度
第2節/介護保険の財政構造
第3節/公費負担
第4節/財政安定化基金
第5節/地域支援事業
第6節/保険者、被保険者
第7節/保険給付

介護保険制度の基本的な仕組みから、その財政構造、公費負担に係る調整交付金などを解説。

第6節の「保険者、被保険者」では平成30年度からの一部の適用除外施設から住所地特例対象施設に住所を移した場合の取扱いを含めた、住所地主義の特例なども掲載。

また、第7節の「保険給付」では、報酬請求に係る消滅時効などにも言及しています。

▲第6節「保険者、被保険者」より、住所地主義の特例について

​第2章 第1号被保険者の保険料

第1節/第1号被保険者の保険料の設定
第2節/第1号被保険者の保険料の算定方法
第3節/介護保険事業(支援)計画
第4節/9段階設定
第5節/市町村民税
第6節/保険料設定の弾力化
第7節/公費による低所得者の保険料軽減強化
参考/保険料に関する特別対策

第1号被保険者の保険料の設定、その弾力的な運用や、公費による保険料軽減など、保険料設定に係る基本的な事項を始め、関連する介護保険事業(支援)計画のポイントを掲載したほか、地方税法・所得税法を交えた市町村民税との関係についても収載しています。

▲第4節「9段階設定」より

第3章 保険料の賦課・徴収

第1節/賦課期日、月割賦課
第2節/暫定賦課、遡及賦課
第3節/特別徴収
第4節/普通徴収
第5節/保険料の徴収猶予、減免
第6節/地方税法の準用
第7節/督促、滞納処分
第8節/滞納者に対する保険給付の制限
第9節/時効

保険料の賦課・徴収に関しては、本書の中でも特に頁を割いて解説。
賦課・徴収に関し必要となる通知の詳細なども含め、実務処理について掲載しています。
また、保険料滞納者に対する給付の制限なども収載しています。

▲第3節「特別徴収」より、特別徴収の事務処理の流れ(年次処理の場合)

第4章 医療保険者の介護給付費・地域支援事業支援納付金と第2号被保険者の保険料

第1節/介護給付費・地域支援事業支援納付金
第2節/健康保険に加入する第2号被保険者の保険料
第3節/国民健康保険に加入する第2号被保険者の保険料

第2号被保険者の保険料、医療保険者からの介護納付金について収載。
平成29年8月から平成32年度にかけて段階的に実施される総報酬割への移行についても解説しています。

▲第1節「介護給付費・地域支援事業支援納付金」より

市区町村をはじめとした介護保険担当者の方に役立つ必携の書を、ぜひご活用ください。

保険料と介護保険財政 介護保険の実務 平成30年8月版
版:平成30年8月版
規格:A5・296頁
発行:平成30年10月
ISBN:ISBN978-4-7894-7019-3 C2032 \2200E
商品№:70045
定価:本体2,200円+税

ご購入はこちら

Web医療と介護