Web医療と介護

自公が認知症基本法案を国会に提出(6月20日)

自民党と公明党は6月20日、認知症基本法案を国会に提出した。同法案は認知症の予防等を推進しながら認知症の人が尊厳を保持しつつ社会の一員として尊重される社会の実現を目指し、認知症施策を総合的・計画的に推進することを目的とするもの。政府に認知症施策推進基本計画の策定を義務付ける。

自民党介護委員会の田村憲久委員長は、基本法案について「いいものができたと思う」と述べる一方、次の国会では野党にも協議を呼びかけ、より良いものとしていく考えを示した。

公明党認知症対策推進本部の古屋範子本部長も「与党として法案を提出することができた意義は大きい」と強調するとともに、成立に向けて意欲を示した。

Web医療と介護