Web医療と介護

シームレスな医師養成の取組みを協議(6月19日)

医道審議会の医師分科会は6月19日、シームレスな医師養成に向けた取組みの現状と課題について協議した。厚労省は論点として、医学部の共用試験(CBT、OSCE)の公的化、医学生(スチューデント・ドクター)の位置づけや医行為の法制化を示した。

委員からは、「共用試験を公的なものにすると、医学部が医学教習所になるおそれがある」「医師の人格は時間をかけて育成すべきで、医行為を早く導入すべきでない」「医行為の侵襲性が高まっており、卒後の研修で指導医のもとで身につけるべき」などの意見がでた。

 

Web医療と介護