Web医療と介護

日医が初診からのオンライン診療で見解「特例中の特例」(4月8日)

日本医師会の松本吉郎常任理事は8日の会見で、オンライン診療についての日医の見解を示した。

7日に閣議決定された新型コロナウイルス感染症緊急経済対策で初診からのオンラインや電話による診療が認められる方向となったことについて「日医としては閣議決定を尊重するが、今回の措置は非常事態の下で患者の感染を防止し、医療崩壊を避けるための特例中の特例であり、例外中の例外という認識だ」と述べた。

今後、厚労省が具体的な内容について事務連絡を発出する見通しを示し、「新型コロナウイルスに関する都道府県協議会が重要な役割を果たすべきだと考えている。都道府県行政は常に問題ある事例を収集し、迅速に対応して関係医療機関への指導を図るなど厳しく対応してほしい。この緊急事態が収まり次第、速やかに通常の診療、すなわち対面診療に戻して安全で安心できる医療を取り戻すべきだ」と述べた。

Web医療と介護