Web医療と介護

日看協が新型コロナウイルス感染症対策について政府に要望(3月30日)

日本看護協会(福井トシ子会長)は3月30日、加藤勝信厚生労働大臣などに新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書を提出した。日看協は現行の対策を踏まえつつ、加藤大臣に対して①医療機関における看護職員の確保策の推進②医療機関・介護施設・訪問看護事業所に対する防護関連用具の確保・配布③訪問看護事業所における事務手続き等の柔軟な対応─の3点を要望した。

日看協は同日、西村康稔内閣特命大臣に対しても学校で医療的ケアに携わる看護師等への処遇について財政的支援を求めた。学校配置の看護師等は多くが非常勤職員であり、新型コロナウイルス感染症対策による休校を受けて無給の休暇取得を余儀なくされたため。

加えて西村大臣に、①医療機関・介護施設・訪問看護事業所等に対するマスクなどの衛生材料の確実な供給②医療的ケア児を養育する家庭等に対するアルコール等消毒薬など衛生材料等の確実な供給③地域における感染管理に関する専門性の高い看護師の活用による体制整備の強化④介護施設・訪問看護事業所等における看護職員の確保及び連携体制の推進⑤訪問看護事業所への財政的支援とICT導入の推進─の5点を要望した。同内容について厚労省関係部局に対しても要望書を提出した。

Web医療と介護