Web医療と介護

日医会長に中川氏が当選(6月27日)

日本医師会は6月27日の定例代議員会で、役員選挙を行った。現会長の横倉義武氏(福岡)と現副会長の中川俊男氏(北海道)が会長に立候補。選挙の結果、中川氏が191票、横倉氏が174票、白票が4票、無効票が2票となり、中川氏が会長に当選した。

中川俊男氏(右から2人目)

中川氏は昭和26年生まれの69歳。同日が誕生日だった。札幌医科大学卒、北海道医師会所属。原中勝征会長の下で2年、横倉会長の下で8年副会長を務めた。今回、東京都医師会などの推薦を得た。

役員選挙終了後に会見した中川氏は、「日本医師会の英知を結集し、決めるべきときに決めるスピード感を持ち、国民の命と健康を守るためなら、どのような圧力にも屈しない医師会をつくる」と決意表明した。また、今後の日医運営について、これまでを踏襲するとの基本姿勢を示した上で、「結果として、中川流というか、私の色が出てくると思う」と述べた。
政治との関係では、「自民党支持は当然」とした上で、「時には今以上に距離を詰めて、時には少し距離を置き、距離感を模索する」とし、行政との関係を含め「是々非々で対応する」と強調した。

副会長は、今村聡氏(東京)、猪口雄二氏(東京)、松原謙二氏(大阪)の3名。今村氏と松原氏は引続きの副会長となった。猪口氏は全日本病院協会の会長でもある。今後の役職について、「両立は難しいとの声も頂いている。今日以降、調整を図っていく」と述べた。

常任理事は以下の通り(10名)。

  • 江澤和彦(岡山)
  • 長島公之(栃木)
  • 松本吉郎(埼玉)
  • 羽鳥裕(神奈川)
  • 城守国斗(京都)
  • 釡萢敏(群馬)
  • 渡辺弘司(広島)
  • 神村裕子(山形)
  • 宮川政昭(神奈川)
  • 橋本省(宮城)

 

Web医療と介護