Web医療と介護

新型コロナ「緊張感を持って感染動向みていきたい」(7月1日)

日本医師会の釜萢敏常任理事は7月1日の会見で、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が東京都で連日50名を超える状況について「緊張感を持って感染の動向をしっかりみていきたい」と述べた。

医療提供体制については、「まだ余力がある状況だが、連日こうした状態が続くと重症者の病床は比較的余裕があるとはいえ、中等症の入院が必要な感染者の収容病床はいずれいっぱいになる可能性がある。新型コロナ以外の病気に対する治療が十分できる体制が維持できるか注視していかなければいけない」と述べた。

今後の新型コロナウイルス感染症患者への医療機関の対応については、「昨今の状況は感染防護具もある程度用意はでき、受診者の動線を分ける対応もできるようになってきたと認識している。全ての医療機関でやってほしいわけではないが、対応できる医療機関を増やし、しっかりと早期の検査につなげる医療機関の体制整備を進めてほしい」と述べ、日医として医療機関に適切に情報発信できる体制を整備する意向を示した。

 

 

 

Web医療と介護