Web医療と介護

オンライン資格確認用の端末無償配布に向けポータルサイト開設(7月6日)

厚生労働省と社会保険診療報酬支払基金は7月6日、オンライン資格確認に関する医療機関等向けポータルサイトをオープンした。https://www.iryohokenjyoho-portalsite.jp/

2021年3月から、健康保険証やマイナンバーカードを利用した医療保険のオンライン資格確認がスタートする。医療機関と薬局が、3月のスタートに間に合うように準備をするには、今年の8月頃から導入作業を行う必要がある。

オンライン資格確認の導入には顔認証機能付きカードリーダーが必要だ。顔認証付きカードリーダーは、支払基金が無償で、病院は3台まで、診療所と薬局には1台提供する。今回オープンしたポータルサイトで、今後、顔認証付きカードリーダーの申し込みが行える。

現時点では、申し込み受付はまだだが、申し込みに必要なアカウント登録が始まった。登録されたアカウントには、顔認証付きカードリーダーの申し込み時期などの案内が届く予定だ。

【PR】
社会保険旬報No.2783(2020年5月11日号)では、オンライン資格確認に関連した厚生労働省保険局・医療介護連携政策課の保険データ企画室長 山田章平氏のインタビューを掲載しています。制度の仕組みの詳細や、医療保険と医療現場に生まれる変化について、わかりやすくお話しいただきました。ぜひご一読ください。
(社会保険旬報のご購入は、社会保険研究所 03-3252-7901 まで)

Web医療と介護