Web医療と介護

病院の耐震化率は77.3%で80%目標達成は困難に(7月20日)

厚労省は7月20日、病院の耐震改修状況調査の結果を発表した。2020年10月時点の病院の耐震化率は77.3%で、2019年度の76.0%から1.3ポイント上昇した。耐震化率は2020年度末に80%を目指しており、着実に進展している。

しかし、都道府県の聞き取りによる2020年度末の見込みを考慮すると、77.5%であり、閣議決定した政府の目標は達成できていない見通しだ。

一方、地震発生時の医療拠点となる災害拠点病院・救命救急センターの耐震化率は93.6%となり、2019年度の92.4%から1.2ポイント上昇した。2017年度末までに89.0%という目標は達成している。

Web医療と介護