年金時代

年金時代について

年金時代とは…

月刊年金時代は、「福祉元年」とされる昭和48(1973)年2月に創刊し、幅広く年金制度に関わる方々のコミュニケーションツールとして43年にわたり発行してまいりました。

平成29(2017)年4月からはWebサイトを通じて、公的年金、私的年金を中心に制度改正の動向や実務に関する正確かつ最新の情報をお届けします。Webならではのコンテンツを通じて、より業務に役立つ情報や疑問・誤解を解消する「答え」をお伝えします。

年金制度改正の歴史とともに歩む43年

年金時代は「福祉元年」の昭和48(1973)年に創刊されました

昭和48(1973)年2月号の表紙

急速に進展する高齢社会への対応――昭和60(1985)年改正・平成6(1994)年改正・平成12(2000)年改正

平成6年12月号「特集=平成六年・年金改正法②年金改正法が成立!活力ある長寿社会めざし、60歳台前半の年金を見直し」

高齢社会への対応についての財政フレーム的決着――平成16(2004)年改正
  • 平成15(2003)年12月号「特集=平成16年年金制度改正・厚生労働省案公表される――最終的な保険料率は20%で固定 給付水準は50%以上を確保」

  • 平成16(2004)年7月号「特集=成立! 年金制度改革法――年金国会で与野党は抜本的改革をどう議論したか?」

民主党政権下の年金制度――年金確保支援法・年金機能強化法・被用者年金一元化法

平成16(2004)年7月号「特集=成立! 年金制度改革法――年金国会で与野党は抜本的改革をどう議論したか?」

自民党の政権復帰と平成16年改正の財政フレーム――年金持続可能性向上法

平成29(2017)年2月号特集

年金時代