年金時代

年金時代編集部

国民年金保険料の後納制度は平成27年10月から5年に

(『月刊年金時代』2015年11月号掲載)

後納制度について

国民年金保険料は原則、納期限(納付対象月の翌月末)から2年を過ぎると納付することができなくなりますが、年金確保支援法により「後納制度」が創設され、平成24年10月から平成27年9月までの3年間に限り、過去10年間の未納期間について、保険料をさかのぼって納付できるようになりました。

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

年金時代編集部
年金時代編集部は、将来にわたって、年金制度が経済的なリスクに直面した人たちの生活を支えていくことができるよう、年金の正確な情報提供を通じて、その持続可能性の向上に貢献していきます。  
年金時代