年金時代

年金部会が公的年金の課題を議論・後編【2014年12月号「特集」掲載】

高所得者の年金給付と世代内の再分配機能の強化

国庫負担分の支給停止や標準報酬上限引き上げを議論

高所得高齢者の年金の一部を支給停止することについて武田委員は、「やむを得ない。すでに低所得者に厚くする手段が講じられており、基礎年金の半分は国庫負担で税金が使われている。国庫負担分を減額し、マクロ経済スライドの終了時期を早める原資に活用できないか」と発言。原委員は、「税制や他の社会保障とあわせて検討する必要がある」とした。

標準報酬の上限も議論された。山口委員は「健康保険と同じように増やしていき、一定の給与から給付乗率を下げて適用するという考え方を取り入れてはどうか」と提案した。アメリカの年金制度は再分配効果を高めるために、年金額の算定の基礎となる現役時の平均賃金が高い場合は給付率を減少させるしくみで、こうした措置を参考にすべきとの考えだ。諸星委員は、「年金制度は負担と給付がセットだ。標準報酬を高くすることは将来の年金が上がってしまい、事業主の保険料負担も引き上がる」と慎重な議論を求めた。

*   *   *

年金部会はいよいよ、議論の整理に入る予定だ。

年金時代