年金時代

三宅 明彦(みやけ あきひこ)/社会保険労務士

振替加算の支給漏れ問題 その2

前回は9月13日に公表された「振替加算の支給漏れの問題」について事例を交えて説明しました。具体的には、支給漏れの原因として多い順に「日本年金機構と共済組合との情報連携不足」および「システム処理上のミス」を取り上げ、それぞれどういった事例が該当するか確認しました。

これに続き今回は、「支給対象者の届出漏れ」および「機構の事務処理ミス」が原因で振替加算が支給漏れとなったケースについて説明します。

また、振替加算の支給漏れ問題に対する日本年金機構の対応策についても見ていきます。

ここから先はログインしてご覧ください。

三宅 明彦(みやけ あきひこ)/社会保険労務士
東京都社会保険労務士会所属。
金融機関等での豊富な年金相談経験をもつ。多数の年金セミナー・年金研修等の講師を務める。現在、東京都社会保険労務士会の年金講座講師。著書多数。『年金マニュアルシート』(社会保険研究所)は約50万部の大ヒット。マニュアルシート・シリーズの最新版『10年短縮年金マニュアルシート』も好評。
年金時代