年金時代

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使

第21回 コーカサスの地で見る日本美術への関心

みなさんこんにちは。
本稿は外務省ともアゼルバイジャン大使館とも一切関係がありません。全て筆者個人の意見を筆者個人の責任で書いているものです。内容についてのご意見・照会等は全て編集部経由で筆者個人にお寄せ下さい。どうぞよろしくお願いします。

アゼルバイジャン国立美術館で日本美術展を開催中

みなさんこんにちは。
前回、前々回と重たいテーマを題材にしましたので、今回は軽め(笑)の話題でいきたいと思います。みなさんお気軽に読み進めて下さい。

2月下旬から3月上旬にかけて、バクーは天候不順で風雨の強い日々が続いたそうです。ちょうどこの期間、日本(外務本省)で欧州大使会議が開催されており、私は公務帰国中で不在でしたが、連日ちょっとした台風並みの風雨だったそうです。
地元の人に聞くと、「この天気は冬が明けて春が来るっていうしるしなんだよ」と教えてくれました。日本でも「春の嵐―春一番」というのがありますが、ちょうどそれに相当するのがこの天気ということのようです。確かに公務出張から帰ってバクー空港に降り立って、わずかの間に風が随分暖かくなったなあ、と感じました。

さて、3月5日から3ヵ月間の予定で、日本大使館が後援して、ここバクーにある国立美術館で「日本美術展」が開催されています。
この美術展、元々は昨年夏に同美術館で「フランス美術展」が開催され、その閉会式に招かれて美術館を訪問した際に美術館長から「次は日本美術展をやりたいので是非協力してほしい」と相談されたのがことの始まりでした。
以前にこの連載でお話ししたように昨年は国交樹立25周年でしたので、その記念行事の一環として開催できれば大使館にとってもありがたい話なので、昨年中に開催すべく美術館側と協力しながら準備を進めてきました。
諸般の事情で調整が遅れて年明けになってしまいましたが、開会式当日は、ショートノーティスのレセプションだったにもかかわらず、文化観光大臣や芸術アカデミーの会長、バクー国立大学学長なども参加し、アメリカ、フランス、スイス、オランダ、ラトビア、リトアニア、モルドヴァ、インド、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、キューバ、UNHCRなど10ヵ国以上の大使も駆けつけてくれて、盛大なセレモニーとなりました。


日本展のポスターです。なかなかのセンス。

 


左から国立美術館館長、日本大使、文化観光大臣、芸術アカデミー会長。一応カッコつけて偉そうに(笑)解説してます。

 


展示品の一部です。

 

次ページ:バクーでは各国大使相互の連携・情報交換が非常に活発

ここから先はログインしてご覧ください。

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使
東京都出身。1980年東京大学法学部卒業後、厚生省入省。年金局年金課課長補佐、埼玉県生活福祉部老人福祉課長、厚生省大臣官房政策課企画官(高齢者介護対策本部事務局次長)、厚生労働省政策統括官(社会保障担当)・内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)併任、年金局長、雇用均等・児童家庭局長などを経て2016年6月辞職。2017年3月より現職。
年金時代