年金時代

年金時代編集部

各行政機関における情報連携による年金関連手続の変更

日本年金機構では、平成29年1月からマイナンバーでの相談業務を開始しており、平成30年3月からは国民年金、厚生年金の各種届出において、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)照会で住所や氏名を利用して添付書類の省略を実施しています。

現在、平成31年4月実施に向けてマイナンバーを活用した「情報連携」が開始されようとしています。「情報連携」により、各行政機関が情報提供ネットワークシステム(情報提供NWS)を用いて特定個人情報の提供を受け、添付書類の省略等に活用するようになります。

今回は、この「情報連携」による年金手続等の主な変更点を見ていきます。

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

年金時代編集部
年金時代編集部は、将来にわたって、年金制度が経済的なリスクに直面した人たちの生活を支えていくことができるよう、年金の正確な情報提供を通じて、その持続可能性の向上に貢献していきます。  
年金時代