年金時代

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使

第50回 「健康寿命」再論

本稿は外務省とも在アゼルバイジャン日本国大使館とも一切関係がありません。全て筆者個人の意見を筆者個人の責任で書いているものです。内容についてのご意見・照会等は全て編集部経由で筆者個人にお寄せ下さい。どうぞよろしくお願いします。

みなさんこんにちは。
まずは近況報告。

アゼルバイジャンは自分の国の知名度を上げるために、積極的に様々な国際イベント、スポーツ大会、国際会議などを誘致・開催している、というお話は以前にもお伝えしたと思います。
4月から6月にかけては、時季もいいこともあってバクーは各種国際イベントが目白押しになります。4月末のF-1アゼルバイジャングランプリ、異文化国際対話フォーラム(この二つは以前に紹介しました)、Caspian Oil & Gas Exhibitionといった毎年開催されている国際イベントに加えて、今年はパラリンピック世界柔道選手権、UEFAヨーロッパリーグ決勝戦、WCO(世界税関機構)理事会、UNWTO(世界観光機関)執行理事会、そしてEuropean Youth Summer Olympic Festival等々、毎週のように大きなイベントが開催されました。

こういった大きな国際イベントには各国大使も招待されるのが通例です(本国からの出張者のない国際会議だと大使が代表として参加することもあります)。
国際機関が主催する会議やイベント(conference/exhibition/symposium)は、世界中から当該分野の専門家や行政機関の責任者が集まって議論を交わします。当地にあって、その分野に関する世界の動向をリアルタイムで知ることのできる非常に貴重な機会になるので、大使としてはとても勉強になります。

6月上旬に開催されたWCO(世界税関機構)のConference &Exhibition。今年のテーマは「通関業務のIT化」。Microsoft、IBM、Huaweiなど40社近い名だたる世界のIT企業が参加する大きな会議でした。

 

Opening Remarksの壇上。向かって右から御厨WCO専務理事、マムマドフ アゼルバイジャン首相、メフディエフ アゼルバイジャン関税委員会委員長。

次ページ:本題に入ります

ここから先はログインしてご覧ください。

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使
東京都出身。1980年東京大学法学部卒業後、厚生省入省。在フランスOECD事務局研究員、年金局年金課年金制度調整専門官、埼玉県生活福祉部老人福祉課長、厚生省大臣官房政策課企画官(高齢者介護対策本部事務局次長)、厚生労働省政策統括官(社会保障担当)・内閣官房内閣審議官(社会保障・税一体改革担当)併任、年金局長、雇用均等・児童家庭局長などを経て2016年6月辞職。2017年3月より現職。著書に『教養としての社会保障』(東洋経済新報社)
年金時代