年金時代

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使

第52回 夏休みロンドン滞在記

本稿は外務省とも在アゼルバイジャン日本国大使館とも一切関係がありません。全て筆者個人の意見を筆者個人の責任で書いているものです。内容についてのご意見・照会等は全て編集部経由で筆者個人にお寄せ下さい。どうぞよろしくお願いします。

みなさんこんにちは。
7月、8月は夏休み。バクー外交団コミュニティのみなさんもそれぞれ夏季休暇を楽しんでおられます。先日、帰任されるUK大使のFarewell Receptionがありましたが、バクーに残っている大使は半分くらいでした。
かく言う私も7月に休暇をいただいて2週間ほどロンドンに行ってきました。

今回は「夏休み」ということで、仕事の話はありません(笑)。ロンドンで拾った面白い話題をいくつか紹介することにいたします。

ウインブルドンテニス観戦

今回の夏季休暇の最大の目的は、ウインブルドンテニスの観戦です!!
テニスファンの方ならみなさんご存知の通り、ロンドン郊外、WimbledonにあるAll England Lawn Tennis & Croquet Clubで行われる全英オープンテニス、今年で133回を迎えます。Wimbledonは文字通りテニスの聖地。4大大会の中で最も長い歴史と伝統を持つ大会です。
年に一度、この大会でしか使用しない美しい芝のコート、厳しいドレスコード(選手は全員白のウェアを着用、センターコートは観客席にもドレスコードがあります)など、いかにもイギリスを感じさせる大会です。
チケットを取るのもものすごく大変です。話せば長くなるのでやめますが、半年以上前に申し込んで席が確保できた(座席が確定しました、という連絡が来た)のが6月!!
ここバクーからは直行便で5時間。日本に帰ったらもう行くチャンスはないと思って、文字通り清水の舞台から飛び降りる気持ちで旅程を組みました。
手に入ったチケットは男子の準々決勝だったのですが、なんと試合はジョコビッチvsティエムと錦織vsフェデラー!! 最高の思い出になりました。

準々決勝第2試合。錦織vsフェデラー

 

テニス界のレジェンドにして芝の王者、フェデラーの華麗なサーブ

 

憧れのウインブルドンセンターコート!!! 念願叶ってもう何も言うことはありません!!!

 

当日はカミラ皇太子妃(Camilla, Duchess of Cornwall)がお見えでした。

次ページ:イーストエンド再開発

ここから先はログインしてご覧ください。

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使
東京都出身。1980年東京大学法学部卒業後、厚生省入省。在フランスOECD事務局研究員、年金局年金課年金制度調整専門官、埼玉県生活福祉部老人福祉課長、厚生省大臣官房政策課企画官(高齢者介護対策本部事務局次長)、厚生労働省政策統括官(社会保障担当)・内閣官房内閣審議官(社会保障・税一体改革担当)併任、年金局長、雇用均等・児童家庭局長などを経て2016年6月辞職。2017年3月より現職。著書に『教養としての社会保障』(東洋経済新報社)
年金時代