年金時代

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使

第55回 第1回日本武道フェスティバル

本稿は外務省とも在アゼルバイジャン日本国大使館とも一切関係がありません。全て筆者個人の意見を筆者個人の責任で書いているものです。内容についてのご意見・照会等は全て編集部経由で筆者個人にお寄せ下さい。どうぞよろしくお願いします。

皆さんこんにちは。
最初に、台風19号で被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。
台風19号については、その巨大さから早い段階から海外ニュースで繰り返し報道されましたし、上陸時の様子や被害の状況もかなり詳しく報道されました。
アリエフ大統領から安倍総理宛てお見舞いの連絡がありましたし、私自身もこちらの政府要人(閣僚・国会議員など)や大使仲間から丁重なお見舞いの連絡をいただいたことを報告します。

世界中どこでもそうだと思いますが、秋は様々なイベントが開催される季節です。ここアゼルバイジャンでも、9月から10月にかけて、大は首脳級の国際会議や世界選手権級のスポーツイベントから小は各国主催の文化イベントやスポーツイベントまで、毎日のようにいろいろな行事が開催されました。

各国首脳級が参加する国際会議として、第7回テュルク評議会(テュルク語諸国協力評議会)首脳会合(7th Summit of cooperation Council of Turkic-speaking States 10月14日・15日)、第18回非同盟運動(Non-Aligned Movement, NAM)諸国首脳会議(10月25日・26日)が開催されましたし、スポーツイベントでは新体操の世界選手権(9月16日-22日)がありました。
また例年この時期に開催されるEU代表部主催の「ヨーロッパフィルムフェステイバル」もありましたし、バクージャズフェステイバルも開催されました。各国大使館もそれぞれ趣向を凝らした文化イベントを競うように開催しました。

そんな中、我が日本大使館も、10月5日、アゼルバイジャン国内の6つの日本武道競技連盟(剣道・柔道・空手・合気道・柔術・相撲)との共催による「第1回日本武道フェスティバル」をバクースポーツセンターで開催しました。

今回はこの「第1回日本武道フェスティバル」について紹介したいと思います。
前回に引き続き、社会保障の話題はお休みです。すみません。

  • 1
  • 2

ここから先はログインしてご覧ください。

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使
東京都出身。1980年東京大学法学部卒業後、厚生省入省。在フランスOECD事務局研究員、年金局年金課年金制度調整専門官、埼玉県生活福祉部老人福祉課長、厚生省大臣官房政策課企画官(高齢者介護対策本部事務局次長)、厚生労働省政策統括官(社会保障担当)・内閣官房内閣審議官(社会保障・税一体改革担当)併任、年金局長、雇用均等・児童家庭局長などを経て2016年6月辞職。2017年3月より現職。著書に『教養としての社会保障』(東洋経済新報社)
年金時代