年金時代

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使

第60回 2020年新年雑感(下)

本稿は外務省とも在アゼルバイジャン日本国大使館とも一切関係がありません。全て筆者個人の意見を筆者個人の責任で書いているものです。内容についてのご意見・照会等は全て編集部経由で筆者個人にお寄せ下さい。どうぞよろしくお願いします。

(承前)

当事者として社会に立ち向かう勇気

私がアゼルバイジャンにいるこの3年間に、世界では、ISなどの宗教原理主義者たちのテロ、白人至上主義者など極右集団のテロ、イスラム教徒やユダヤ教徒に対するあからさまな差別、移民排斥、排外主義的・民族主義的イデオロギーの蔓延など、私たちの社会の「寛容」、「多様性」、私の言葉で言えば「民主主義の強さ」が問われる事件が数多く起こりました。
同時に他方では、#Me Too movementやLGBT、人種差別と闘う様々な運動が世界中で展開され、多くの人たちが声を上げました。

一つみなさんに見ていただきたい映像があります。2年ほど前、アメリカ空軍の士官学校(予備校―prep school)で起きたある事件について、士官学校校長が士官学校の全生徒・全教員を前に行った訓示です。

https://www.bbc.com/japanese/video-41466810

事案の発端は、米コロラド州にある空軍士官学校予備校の学生寮で、黒人学生を侮蔑する人種差別的な罵倒が学生の部屋のドアに付いた伝言板に書かれたことです。士官学校校長のジェイ・シルベリア中将は2017年9月28日、士官学校の全校生徒と教職員を集めて、このような振る舞いはまったく受け入れられないと強い調子で訓示をしたのです。
日本語の字幕が付いているのでみなさんも理解できると思いますが、この中で私が大事だと思ったことは、校長が言った以下の言葉です(下線筆者)。

「あのような振る舞いは予備校でも士官学校でも空軍でもあってはならない。諸君は空軍兵としてだけではなく、人間として怒らねばならない

君たちはこれは予備校で起こったことで自分たちには関係ないと思っているかもしれない。だとしたらそれは大きな間違いだ。ここは空軍士官学校で、ここではそんなことをする奴はいない、ここはちゃんとしてるからそんなことは起こらない、だからこの話はここでする必要はない、などと思ったとしたら、それはあまりにも愚かでおめでたい考えだ。
この国で起こっている様々なことがこの背景にある、ということに思いが至らないとしたら、君らは鈍感(innocent)に過ぎる」

そう言って、校長はシャーロッツビル事件(*)に言及し、ファーガソン事件(**)に言及し、NFLの抗議行動に言及し、こう続けます。

(*)  2017年8月12日、人種差別に抗議する集会に白人至上主義者の青年が車で突っ込み、一人の女性が死亡した事件。
(**) 2014年8月9日にアメリカ合衆国ミズーリ州ファーガソンにおいて、18歳の黒人青年マイケル・ブラウンが白人警察官によって射殺された事件。

「我々はこのことを正面から議論しなければならない」
「こういう『許されないhorribleな発言』へのふさわしい反応とは、『もっとましな考え better idea』を返すことだ」

「ここには4000人の生徒諸君がいる。教員を含めれば5500人だ。5500人の集団の力、多様な集団としての力、様々な境遇、様々な地域からあらゆる人種、あらゆる生い立ち、あらゆる性別の人が集まっているこの「多様性の力」、これこそが我々を強くするのだ。狭量でとんでもないhorribleな考えよりもずっとマシな考えだ」
「掲示板にあんなこと書いて我々の価値観を試そうなど、そんな真似は誰にもできない。誰も我々の価値観を奪うことはできないのだ」

そして、彼は自らの訓示をこの言葉で締めくくります。

「どんな性であれ、その性(gender)ゆえに相手を尊敬し尊重できない者、人種の違いや肌の色の違いゆえに他者を尊敬し尊重できない者、たとえどんな形であっても他者を侮辱するような者は、ここから立ち去れ」

校長は、書き込みをした生徒や書き込みの内容そのものを問題にするのではなく、この事件をどう受け止め、どう行動すべきなのかを問うています。
「この事件を他人事として考えてはいけない。諸君自身の価値観が問われているのだ。黙って何も言わないことは許されない。この事件の背景にある様々な問題をきちんと理解し、自分自身に問い、行動しなければならない」と力説し、それができないものは、「この場を去れ」とまで言っているのです。

学校でのいじめ。会社でのセクハラ・パワハラ。ヘイトスピーチ。家庭内暴力。幼児虐待。性犯罪。残念ながら日本でも、基本的人権に関わる事案が頻発しています。
自分の組織でこんなことが起こった時、この校長のように、自らの言葉でこれだけのことを公に語れる管理者、自分自身の問題として考えてなすべきことをしろ、と言える管理者が日本にどれだけいるでしょうか。そしてその管理者を支え共に行動できる(このアメリカ空軍司令部のような)組織はどれだけあるでしょうか。

翻って、日本。
12月、伊藤詩織さんの準強姦事件に関する民事訴訟判決が出されました。合意のない性行為であったという原告の主張が認められ、被告に損害賠償の支払いが命じられました。

ちなみに、本件、「刑事で無罪・民事で有罪」「刑事と民事で司法判断が異なった」といった言説があるようですが、いうまでもなく正確ではありません。
刑事事案としては検察当局が起訴しないという判断をし「不起訴処分」としたので、そもそも裁判は提起されておらず、刑事事案としては司法―裁判所の判断はありません。
司法の判断があるのは今回の民事訴訟に関してだけです。
なお、本民事訴訟では山口氏側から提起された名誉毀損等の損害賠償訴訟についても一括審理の上判決が出されており、原告側全面敗訴となっていることはみなさんご承知の通りです。

ご存知の方も多いと思いますが、伊藤詩織さんの事件は、BBCが ‟Japan’s Secret Shame”(『日本の秘められた恥』)というタイトルでドキュメンタリー特集番組を作り、BBC two(国内放送チャンネル)で2018年6月に放映しました。
日本国内では昨年(2019年)3月に放映されたと聞きました。私はロンドンの友人から録画を送ってもらい、視聴しました。
番組の概要は、BBC Japanが解説をHPに掲載しています。
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44638987

私は日本にいなかったこともあり、本件事案についての国内の反応、世論の動向について多くを知りません。私はネットの書き込みの類は見ない主義なので、特に加害者とされている人を含めた「彼を支援する側の人々」の発言に接したのは後述するBBCのドキュメンタリー番組がほぼ初めてです。
その発言内容に、私は大きな衝撃を受けました。
この番組に対する日本国内の反応についても多くを知りませんので、もしかしたら的外れのことを書くかもしれませんが、ご容赦ください。

BBCは、報道の客観性・公平性、事実に基づいた正確性・内容の水準の高さ、そして何よりも自身の報道に対する社会的責任感の高さという点で、世界で最も信頼できるメデイアの一つだと私は考えています。そのBBCが作成したドキュメンタリーにふさわしく、内容は冷静かつ客観的で、係争中の個別事案を取り上げていますが、誰かを断罪するのではなく、支援者側、批判者側双方の主張を取り上げながら、日本の司法制度、警察の対応、政府の対応など、「この国、この社会で性犯罪がどのようなものとして理解されているか」「性犯罪被害者が声を上げることがいかに難しく、厳しいことか」を克明かつ詳細に取材し、描いています。

性暴力に関する私の考え方は第9回・第15回・第16回の連載で詳説しましたのでここでは繰り返しません。私の考え方、立場は明確です。性的合意の重要性、それが基本的人権と人格に関わるものであること、それをきちんと理解させるための性教育=人権教育の重要性、被害者の自己防衛ではなく加害行動の防止のための必要な制度整備……何度強調しても強調し足りないと思っています。
そしてこの番組の中では、連載で私が指摘した様々な問題―日本の刑法が「合意の有無」を性犯罪の構成要件としていないこと(そしてそれがほとんど問題にされていないこと)、性的合意に関する教育・啓蒙がほとんど行われていないこと、であるがゆえに被害者側の落ち度が強調され、性犯罪被害者の人権が極めて軽視されていること、結果、容易にセカンドレイプが行われ、そのことが性犯罪被害者をさらに追い詰めることなど―が、これでもか、というくらいに描かれます。
正直、この国は基本的人権を尊重する民主国家のはずではなかったのか、と日本人として暗澹とした気分になりました。

“Japan’s Secret Shame”というタイトルは二重三重の意味が込められているように思います。
日本では、性犯罪は「隠すべき被害者自身の恥」と理解されること、社会の中でも性犯罪は「隠されるべき犯罪」としてほとんど公にされることがないこと、そして、性犯罪被害者が救われることのない社会(制度・意識)のありようそのものが、日本にとっての恥だということから、日本人自身が目を背けていること。

改めて、この問題の根が極めて深いことを痛感しました。
結局、一人一人の市民が、性犯罪がいかに重大な「魂の犯罪」であるかということをきちんと理解し、自分自身の問題として発言し、行動すること、そして行動する性犯罪被害者たちを守り、支えていくことが将来の犯罪再発を予防することになること。
様々な差別や不寛容と同様、市民がこの問題に沈黙し、見過ごすことは、結果的に差別や不寛容を容認し、それに加担し、次の犯罪を誘発することに他ならない、ということなのです。
当たり前過ぎますが、そのことが重要だと、改めて思った次第です。

アメリカ空軍士官学校のジェイ・シルベリア中将の言葉を、もう一度引用します。
「この事件を他人事として考えてはいけない。諸君自身の価値観が問われているのだ。黙って何も言わないことは許されない。この事件の背景にある様々な問題をきちんと理解し、自分自身に問い、行動しなければならない」

香取 照幸(かとり てるゆき)/駐アゼルバイジャン日本国特命全権大使
東京都出身。1980年東京大学法学部卒業後、厚生省入省。在フランスOECD事務局研究員、年金局年金課年金制度調整専門官、埼玉県生活福祉部老人福祉課長、厚生省大臣官房政策課企画官(高齢者介護対策本部事務局次長)、厚生労働省政策統括官(社会保障担当)・内閣官房内閣審議官(社会保障・税一体改革担当)併任、年金局長、雇用均等・児童家庭局長などを経て2016年6月辞職。2017年3月より現職。著書に『教養としての社会保障』(東洋経済新報社)
年金時代