年金時代

田所 知佐(たどころ ちさ)ドリームサポート社会保険労務士法人/社会保険労務士

「年度更新」で、労働保険について確認を

労働分野の旬なテーマを取り上げて、実務の参考となる情報を提供する連載企画。4回目は労働保険の年度更新がテーマです。筆者は、労働分野の最前線で実務を担う専門家集団――ドリームサポート社会保険労務士法人の田所知佐さんが担当します。

労働保険の年度更新の季節がやってきました。

労務・人事部門にてこの事務を担当する皆さまにとって、労働保険の年度更新とこれに続く社会保険の定時決定の手続きは年間の定例事務の中でも、気が重いもののひとつではないでしょうか。

労働保険とは何か

そもそも労働保険とはなんでしょう。

広義の社会保険には、労災保険・雇用保険・健康保険・介護保険・厚生年金保険があります。このうちの労災保険と雇用保険をあわせて労働保険といい、健康保険と介護保険、厚生年金保険をあわせて狭義の社会保険といいます。

労働保険という言葉を使う場面の多くは、まさに今「年度更新」のときではないでしょうか。実務上では、「労災保険料と雇用保険料のふたつをあわせた労働保険料の支払いのための仕組み」と理解をされていると思います。

ここから先はログインしてご覧ください。

田所 知佐(たどころ ちさ)ドリームサポート社会保険労務士法人/社会保険労務士
東証一部上場 公共インフラ企業にて10年間施設企画に従事。その後、仏高級レストランの日本法人にて商品企画に従事。2015年ドリームサポート社会保険労務士法人入社。2018年社会保険労務士登録。前職の経験を活かし、企画・広報・執筆活動など多方面で活躍。近著『図解 社会保障オールガイド 最新版』(そらふブックス)監修。
ドリームサポート社会保険労務士法人
東京都国分寺市を拠点に事業を展開し、上場企業を含む約300社の企業の労務管理顧問をしている実務家集団。
年金時代